FC2ブログ

漂流者雑録

個人サークルAscentiaのブログです。
月別アーカイブ  [ 2010年01月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

指南


ライフで受ける!!…どうも、こんだてです。

pixivとかで皆々様の素晴らしい絵を拝見していて、
このままではいかん!いかんぞぉっ!!
と思ったので、珍しく指南書買いました。

もちろん絵についての指南書です。今回買ったのはCG彩色についてのもの。

実は僕にとって指南書買うのっていうのはかなり敬遠しがちな行為なんですよね。
なぜかといえばほぼ一冊二、三千円するくせに「ハズレ」が多いからです。

僕がフォトショ手に入れたばかりの頃、右も左もわからないので
「初心者でも出来る!フォトショップの使い方」みたいな本買ったことがあったのですが、
それがもう大ハズレの本で……
たいして有名でもない絵師さんの作業工程をピックアップしていくだけの内容、
およびなぜか水彩画の塗り方しか説明されていない、
パスの使い方について言及されていない。
「パス:このツールがあればどんな線も自由自在!」というアオリ文句は僕を怒らせた。
AltキーもShiftキーもなしにパスなんか扱えるわけねーだろっっ!

他にも多々ありますが、かつてあれほど買ったことに後悔した本はないと思います。
その本のせいでそれ以降指南書は立ち読みする程度にしてました。
特に最近は同じような内容の本が乱立してますからね。
個人的にたくさんの絵師さんの作業工程をピックアップしてる本は危険かなと思います。
激○ンシリーズも危険な香りがプンプンするんですがどうなんでしょうねー。

しかし!今日買ったこれは最近の指南書にしては珍しく、絵師さんの作業工程を羅列するだけでなく、
どのように影をつけるべきか、色合いはどのようにすべきかなどの基本も描いてある本です!!

僕は今まで結構絵師としては孤独な環境で生きてきたので基礎を教えてくれる人もおらず、こういうのは本当に助かります。

この本を読んで得たものを生かして、これから絵を描けていけたらなーと思います。


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[ 2010/01/28 21:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

こんだて

Author:こんだて
ブログ移転しました。

漂流者数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。